法令線と唇の回りの縦ジワ

法令線とは鼻から口元にかけてできるシワのことです。

表情を動かすと目立つ目元や額のシワとは違って法令線は普通の顔をしていてもくっきりと存在しています。それは法令線がシワではなくて頬のたるみだからです。

頬は繊維組織が脂肪を支えるように取り囲んでいて顔の中で一番脂肪の多いところです。老化と共にこの繊維がゆるみ、脂肪が下がってくるのです。

シワの最大の原因は真皮のコラーゲンやエラスチン繊維が傷んでくることですが、法令線の場合はそれだけが原因ではないので、通常のシワのケアをしてもなかなか効果が現れません。

でもコラーゲン、エラスチン強化ケアなどが無効という訳ではありませんから予防のために地道に行うことをお勧めします。

また口元の筋肉を鍛えるためにペットボトルにごく少量の水を入れて、歯を使わず唇だけでくわえて持ち上げキープするといった訓練をすることや、普段から口元を意識してきりっと引き締めることもたるみの予防につながります。皮膚を強く引っ張るマッサージや表情筋エクササイズなどは逆効果になるので注意しましょう。

どうしても法令線を消したい人には美容皮膚科でのヒアルロン酸注射が比較的リスクが少なく良い効果が得られる方法と言えるでしょう。

法令線は見た目年齢に大きく影響するので、ヒアルロン酸注射は若く見せるためには効果的な治療の1つです。唇をすぼめると目立つようになる唇の回りの縦ジワは表情ジワの一種ですが、タバコを吸う人に特に出来やすいものです。

歯肉の痩せや歯並びの乱れなどが口元のシワの原因になることもありますから、歯科の定期健診やクリーニングで綺麗な口元をキープしましょう。

口元のシワに対してはコラーゲン、エラスチン強化ケアなどのシワケアをします。しかし深いシワが出来てしまったときはクリニックでヒアルロン酸などの注射が必要になります。唇を一周囲むようにヒアルロン酸注射をすると、唇がふっくらとして口角があがりより若いイメージになるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です