疲れ目の原因は

現代社会においては、パソコンなどの機器を使っての長時間労働で目を酷使することが多くなっています。しかし、現代病ともいえる疲れ目やドライアイの原因はこういった目の酷使だけが原因ではありません。

ストレスや体調不良も目に影響を与えますし、女性の場合は、目の働きに関係のあるエストロゲンという女性ホルモンの低下も、ドライアイや疲れ目の一因になっていると考えられています。

エストロゲンの低下が疲れ目の原因になる理由

エストロゲンは、コラーゲンという、角膜や水晶体に多く含まれている成分の生成に関係しています。ですから、このエストロゲンの分泌が低下すると、コラーゲンも減少し、目がかすんだり、光に過敏になったりといった疲れ目や、ドライアイの症状が現れることがあるのです。

女性ホルモンの分泌が盛んな若い女性でも、疲れ目だけでなく、のぼせや冷え、イライラなどの体調不良も続くようなときには、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れているかもしれません。そんなときには、婦人科を受診しましょう。

 

疲れ目の対策

疲れ目の対策としては、目を使わないで休めることが一番ですが、それができないときには、仕事から帰ってきたら、あたためたタオルを目にあてて、目の温湿布をしてみましょう。冷たいタオルと温かいタオルを交互にあててみるのも効果的です。

同時に、肩や首も温めると、血行がよくなり、頭痛や肩こりも改善され、目の疲れにも良い影響があるでしょう。

また、クコの実やブルーベリー、アメリカンチェリーなど、きれいな色の食べ物の中には、血液をキレイにして、目の疲れを取り除き、目を元気にしてくれるものがあります。そのまま食べたり、シリアルやヨーグルトに加えたり、お粥やスープなどに入れても、美味しく食べることができます。

目が疲れたときには、こういった食材を食卓に加えてみるのも良いでしょう。