冷え対策には

生理前や生理中の女性は、体が冷えやすいものですが、慢性的な冷えの悩みを抱える人も多いようです。

ほてりは冷えの前兆?

冷えと、ほてりやのぼせは、相反する症状のようですが、ほてりなどは実は冷えの前兆なのだそうです。

女性ホルモンのバランスの乱れや、ストレスによる卵巣機能の低下などの影響が、自律神経に及ぶと体の血流は悪くなります。その結果、手足は冷え、顔はほてるといった下半身の冷えと上半身のほてりを繰り返すような症状が起こりやすくなるのです。

心臓病や腎臓病が冷えの原因になっていることも?!

女性の冷えはホルモンのバランスを整えることで改善されることが多いですが、心臓病や腎臓病、糖尿病による冷えも考えられますから気を付けましょう。しびれやむくみ、だるさなども、体の冷えの影響である可能性があります。

冷えは、放置しておくと不眠や便秘につながったり、太りやすい身体を作ったりすることがあるようです。自覚症状のない人も気を付けましょう。

足浴や手浴で体を温める

冷え対策として即効性を期待できるのは、足浴や手浴で血行を促し、体を温めることです。毎日の入浴や入浴後のストレッチ、また半身浴なども習慣にすることで、冷えやすい身体を改善できるでしょう。全身の筋肉をゆっくりと動かすヨガや気功、歩くなどの運動も、もちろん冷えには効果的です。

 

生姜やにんにくが効果的

また、香りの強い生姜やネギ、ニンニクやニラなどの野菜も冷えに効果があります。これらの食材を使ったキムチ鍋や、炒めものは体を温めてくれるでしょう。

 

なかなか良くならないなら婦人科へ

慢性的な冷えに悩む女性で、いろいろ生活改善を試みても症状が改善しない人も、体質と決めて諦めず、内科や婦人科を受診してみましょう。様々な不調に作用するだけでなく、体全体の調子を良くすることを目指す漢方薬を処方してもらえる医師に相談し、自分に合った漢方薬をみつけてもらうのも良いかもしれません。

 

女性ホルモンを整えてくれる漢方とは

冷え症に効果があり、ホルモンバランスを整えてくれる漢方には次のようなものがあります。ホルモンバランスの崩れに悩む女性によく使われ、貧血気味で冷え性の人の血行を良くし、体を温め、むくみ改善の効果も期待できるのは当帰芍薬散です。

生理痛がひどく、出血量が多い人には、ホルモンバランスを整え、冷えやめまい、頭痛や肩こりの症状も和らげてくれる桂枝茯苓丸が良いでしょう。

加味逍遥散

加味逍遥散は、手足の冷え、生理痛、頭痛や肩こり、不眠など月経前の不調に効果があります。自律神経やホルモンのバランスも整えてくれるので、体力がなく、疲れやすく、イライラや不安などの症状を伴う人にはこの加味逍遥散が良いでしょう。

桃核承気湯

便秘の改善や生理不順によく使われるのは、桃核承気湯です。これはのぼせ気味の人や便秘がちの人、生理中にイライラしたり不安になる人にも効果があるとされています。

半夏厚朴湯

胃腸が弱く、疲れやすく、冷え性で繊細な人にお奨めなのは、半夏厚朴湯です。不安感や不眠、吐き気などの神経症状を改善し、心と体の調子を整えてくれるでしょう。

十全大補湯

十全大補湯は生理中の疲労感が強く、貧血気味で冷え性の人におすすめで、気血を補う10種類の薬草が配合されています。漢方は専門医にきちんと相談し、自分に合ったものを処方してもらいましょう。